事例詳細

調味料工場

(醤油、ショウガ、コショウ、ニンニク系臭気)

食品工場

         ー

排気風量:80m3/min

機器型式:ZG-10000H-5(5)

装置外寸:988W×1346H×856L

装置重量:290kg

実装段数:5段

対象臭気:醤油、ショウガ、コショウ、

     ニンニクのニオイ

脱臭効果

測定①

入口臭気濃度:7,900

出口臭気濃度:1.000

脱臭効率:87.3%

 

測定②

入口臭気濃度:10,000

出口臭気濃度:1,300

脱臭効率:87%

たれ製造工場の新工場を建設するうえで周辺住民への配慮として臭気対策が必須となりました。

 

様々な臭気が複合した対象臭気に対して確かな脱臭効果が必要となります。また、コストパフォーマンスも要求されます。

燃焼脱臭装置のような高価な装置であれば性能は十分ですが、コストがかかり過ぎます。また活性炭などの通常の吸着系脱臭装置ではランニングコストがかさみます。

その点、ゼオガイア脱臭装置は調理系臭気に特化したフィルターで、高い脱臭効果があり、他の脱臭装置に比べコストを抑えて対策が可能です。また、過去にたれ製造排気対策に実績があったため、ゼオガイア脱臭装置をご提案致しました。

導入したゼオガイア脱臭装置の脱臭効率は87%程度で、目標であった出口臭気濃度2,000以下をクリアできました。

また、工場周辺を調査したところ、工場周辺に飛散していたニオイは無くなっておりました。

  • White Facebook Icon
  • White YouTube Icon
© 2017 KALMOR All rights reserved